まもなく前期試験

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 21:09

いよいよ今週末が国公立大学前期試験になります。

センター試験が終わってからの約1か月でしっかり準備はこなせたでしょうか?

残り日数も少ないですが,悔いのない過ごし方をしてほしいと思います。

 

唐突ですが,毎年見かける受験前のよくある光景を挙げてみます。軽い気持ちで読んでもらえたらよいかと思います。

 

”坩造閥枋イ琶拔が手につかない

 この時期はみんな毎年そわそわしています。試験が近づくと緊張するのは当たり前ですし,よく言われる言葉ですが緊張しているのは真剣な証拠です。どうしようもない時は友達と話すことで少しは和らぐかもしれません。

 

△泙声験票を見ていない

 管理をおうちの人に任せていませんか?さすがにそろそろ開けましょう。前期と後期の受験票を間違えないように注意!面接のある人は受験番号が言えるようにしておきましょう。

 

E日の荷物に勉強道具を詰めこんでいく

 不安な気持ちの表れですが,いざ移動先のホテルについても勉強はほとんど手につかない人が多いです。最低限の最終チェックできるノートや公式集,面接用に書いた紙を中心に持って行きましょう。あまりにも多いと移動が大変なので気を付けてください。

 

最後に真面目な話を。とにかく解ける問題から解きましょう。自分の経験談ですが,問題傾向が変わりすぎて120分の試験時間のうち30分何も書けませんでした。それでもあきらめず何回も読み直したら少しずつ解けて無事に合格しました(手ごたえは全くありません)。解けなくても最後まであきらめずに挑めば幸運もついてきます。複数教科受ける人は気持ちの切り替えも大事ですよ。

 

今持っている力が出し切れることを願っています。あと無事に家に帰るまでが受験です。行き帰りも気を付けて。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

愁眉を開く

  • 2017.02.06 Monday
  • 18:30

 

 今日のブログ担当は、ロンリーピンポンマン卓球です。

 

 最近は推薦やAO入試で面接練習をよくしています。

 推薦やAO入試の時期はひと段落しました。次に面接が必要になるのは、後期試験のときでしょう。

 

 面接練習したいなぁ〜という人は遠慮なく僕たちに言ってくださいね。

 

 練習では細かく指導していきますが、このブログでは一言だけ。

 

 最初の「失礼します」を大きな声で言うこと

 

 最初の「失礼します」を大きく言うと、緊張は緩和されると思います。

 単純なことなんですが、僕は重要だと思います。

 そして、受験番号と名前を言うときも「大きな声で」メガホン 言いましょう。

 

 緊張をほぐすのは深呼吸といいます。これも有効だと思いますが、

 黙って考え込めば込むほど緊張で体が硬くなってしまいます。寒い

 

 面接を終えてから生徒が口にする感想として、

 「面接の最後のほうでやっと緊張が解けてきた。最初からあの感じなら良かったのに……」

 

 これは当たり前なんですね。面接が始まって「しゃべります」つまり「声で自分を外に出す」んですね。

 緊張していることを「外に出す」ことにもなるんです。

 

 しゃべっている途中に「緊張する〜〜〜」とは思わないでしょう。答えることに集中してますから。

 緊張するのは、面接を待っている時間(面接直前も、面接数日前も)

 つまり「だまっている時間」なんですね。

 

 なので、面接途中で質問に答えて「しゃべりだすと」緊張が外に出ていきます。

 しゃべり続けた面接後半では、緊張がほとんどなくなっている訳です。

 

 ですから、最初のあいさつと受験番号と自分の名前を「特に」大きな声でいいましょう。おじぎ

 すると、緊張が外に出始めるきっかけになると思いますよ。

 

 卓球の試合でも、得点したときには大きな声を出します。

 有名なのは愛ちゃんの「サー」ですよね。

 

 僕も得点を取ったときには、「よー」グーと声に出します。

 得点を取った自分に勢いをつけて、連続得点になれるようにする意味があります。

 卓球のプレーって呼吸を止め続けて打つこともあるんです。

 すると、体はガチガチになっていきます。体が硬くなっていくんですね。

 

 それが連続すれば、体はどんどん硬くなり緊張してしまいます。

 そこをあの「サー」や「よー」という掛け声で「外に出している」んですね。

 

 面接本番を待っている待合室でしゃべれれば一番いいんですが、それは不可能ですよね。

 だからこそ、

  最初の声を「大きな声」で言って「緊張を外に出してください」

 

 最後に好きな言葉を送ります。

 

 「夢を【十】回【口】に出すと【叶う】」

 

 

 

 

 

 

 僕は夢ばっかり追っているからロンリーなのでしょうか……(-。-) ボソッ

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

高卒本科生のみなさんへ

  • 2017.01.25 Wednesday
  • 18:03

 

 センター試験も終わりました。

悲喜こもごもで、落胆している人もいるかもしれません。

 

が、しかし、ここが正念場です。

これまで自分なりにがんばって、その成果が出た人は、

個別試験でも同様の成果が出てくることを信じて精進を続けてください。

 

残念ながら、俗にいう失敗をしてしまった人は、

その分、自分に残された選択肢のなか、死に物狂いでやればよいと思います。

 

大切なのは、考えても無意味なことをあれこれと思い悩まないこと。

 

受験はある意味シンプルなもので、与えられた条件のなか、

ベストを出していくしかないものだと思います。

 

少なくとも、ベストを信じてがんばる方が、よけいなことをあれこれと考えるよりも建設的です。 

 

ということで、残された時間を大切に。では、また。

 

 

                            George

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

自己採点結果

  • 2017.01.20 Friday
  • 09:51

今年のセンター試験の平均点の中間発表が発表されました。

 

文系は5教科8科目900点満点で556点(前年から9点アップ)

理系は5教科7科目900点満点で562点(前年から2点ダウン)

 

国語の平均点が22点下がったのが大きかったですね。

 

文系は公民や理科基礎(特に生物基礎)の平均点がアップしたこともあり

平均点はアップしました。

 

しかし、理系はその埋め合わせが完全にできずややダウンとなりました。

 

得点帯別の人数分布を見ると、文系は600点後半から700点の得点者数が大幅に増加しているので、中堅国公立大は激戦になる大学も出てくかも知れません。

 

一方、理系は昨年と比べて変動はそれほど大きくないようですので、昨年の結果をよく比較して決めていきましょう。

 

自己採点の結果から合否判定を見ながら出願を決めていくと思いますが、

 

判定の一般的な見方を説明しておきます。

 

ボーダーラインの見方を説明しておきます。

ベネッセではB判定がボーダーラインと見ることができます。

ボーダーラインとは、合格者と不合格者の分布の中で、合格者が不合格者よりも

多くなる境界線です。

(あくまでも昨年の結果と今年の志願者の動向から予想したものですので外れることもあります)

 

このボーダーラインを超えていればチャレンジできるチャンスともいえます。

しかし、二次試験の教科や点数配分によって合格の可能性は変化しますので

安易に判定だけを信じて出願しないようにしましょう。

 

具体的な出願は担任としっかり相談して決めましょう。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

センター試験英語 最後のアドバイス

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 21:40

 

センター試験まであと2日です。

試験直前に精神論説くのは遅かりし由良之助なので、具体的にアドバイスしますね。

 

 …樵阿蓮発音・アクセント・熟語を確認する。 

    発音・アクセント問題に出る単語は決まっているので、これをチェックしておく。

   単語も大切ですが、空所補充・語句整序などで狙われるのは熟語です。つまり得点に直結します。

   ジーニアスを受験会場へ持参し、曖昧な熟語は再確認しましょう。
 

◆ヾ靄榲に、得意な設問から解く。 

    模試で一番相性の良かった順番で解きましょう。

    時間不足に悩んでいる人は、最後に長文を残すと時間が気になり

        英文に集中できなくなるかもしれません。

    なるべく避けましょう。
 

 迷った問題は飛ばす。

  空所補充・語句整序問題は即答できない場合、スキップして最後にもう一度トライしましょう。

 

ぁ―仟蠏措阿亙僂錣覯椎柔あり。
    昨年のセンター試験とは出題形式が変わる可能性があります。

        試験が始まったら落ち着いて各設問を確認しましょう。

    仮に変わっていても出題意図は同じですし、受験生全員が同じ条件です。

        設問をしっかり読んで取り組んでください。

 

 

 

Be quick, but don't hurry!     

      機敏に、しかし慌ててはいけない。  ーJohn Woodenー

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

あけましておめでとうございます

  • 2017.01.05 Thursday
  • 11:10

 

 

今年もみなさんが元気で四葉のクローバーハッピ―な

 

一年でありますように願っています晴れ

 

大きく羽ばたいてください鳥

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

年末年始のお知らせ

  • 2016.12.26 Monday
  • 20:47

 年末年始の閉館時間は、以下のとおりです。

 

12/27(火)本館22:00 別館21:30
12/28(水)本館20:00 別館18:30
12/29(木)〜1/3(水) 本館18:00 別館18:00
1/4(水)以降 本館22:00 別館21:30

 

 別館の1C教室を講習の会場として使用する場合がありますので、教室一覧を確認してください。

 また、自習できる教室が限られていますので、荷物を置いての席取り、長時間の離席などしないよう、マナーを守って快適な利用を心がけてください。

 

 以上、事務局のUより、業務連絡でした。

 

 追伸 ことし「も」クリスマスは何もありませんでした・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

はじめまして、鳥予備講師陣の「新星」です!

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 15:27

はじめまして、こんにちは。

今年8月より鳥予備講師陣に仲間入りさせて頂きましたFです!

鳥予備生の皆さんにとっては受験シーズンも

今まさに本番を迎えようという時期に差し掛かっていますが、

私にとっては初担当ブログとなりますので、

今回ばかりは少々自己紹介を綴らせて頂きます。

(なお写真は、一緒に鳥取へ連れてきた相棒の「ちゅら」です)

 

 

 

担当教科は英語で、鳥予備に来る前からも長らくずっと

英語を教えたり使ったりする仕事に携わってきたのですが、

これまで予備校業界だけに限らず色々な職場や土地や環境の中で

様々な国籍の人たちと関わり合いながら仕事してきたおかげで、

教科書や参考書では絶対にお目にかからないような

英語に関する「四方山話」的知識を山ほど持っています。

(無論、その全てが受験に役立つというわけではありませんが…)

それらは授業やこのブログを通じて折に触れて

色々とご披露していきたいと思っていますので

どうぞお楽しみに!

 

 

ちなみに…

そんな私がそもそも英語好きになったきっかけは、

幼い頃からスポーツ、特にプロレス中継を見るのが

とにかく好きだったことにあると思います。

そこで繰り出される技の名前をアナウンサーの実況に合わせて

「あ、エルボー・ドロップだ!」、

「フォー・フィギュア・レッグ・ロックだ!」、

などとワクワクしながら覚えていった記憶がありまして…

どうもそれがきっかけで「英語=カッコよくて面白いもの」だと

自分の頭に自然とすり込んでいったように思います。(笑)

 

生徒さんの中には

「英語なんて一生使わないんだから勉強したくない」

なんて思っている人もいると思いますが、

たとえ英語そのものが好きじゃなくても、

プロレスでもサッカーでも音楽でも料理でも、

とにかく何かを知りたいということが動機になって、

その結果英語を学ぼうとする気持ちに火が付けば、

英語を楽しく、しかも勉強しているっていう気にさえならないで

身に付けられるんじゃないかなと思います。

(現に、私にとっては「英語の勉強」=「趣味の時間」でしたので)

 

まあ、強制的に好きになれっていうのは無理な話ですが、

あまり窮屈に考えずに、広くフレキシブルな視点や感覚をもって

英語に触れてもらえたらいいなと思っています!

 

 

以上、私Fの自己紹介でした。

ではまた、次回の担当ブログでお会いしましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

冬期強化トレーニング   at toriyobi

  • 2016.12.15 Thursday
  • 12:49

 

 いよいよ強化トレーニングも佳境に入りました。

 

 いろんなトレーニングのなかで、今、一番きついのがスクワットです。

 

ある日、トレーナーが言いました。

 

トレーナーG「ハムの強化のためにスクワットの負荷をあげていくぞ。」

主婦A「はあ、頑張ります。」

「初めは40圓ら。」

「はい!」

 

3週間後―

 

65圓、そろそろあがらなくなったか?15回(×4セット)もつか?」

「つらいですが、あがります。なんとか・・・」

「じゃあ、75圓如

「え???」(私はただのおばさんですと、訴えたい)

 

2週間後―

 

「おっ、75上がってるな。15回行くか?」

「上がりますが、かなり限界かも・・・」

(全力疾走した後のよう息切れがします・・・と、訴えたい)

「じゃ、今度からは、80圓如

「え???」

 

・・・・ただ、これのおかげかどうか、かなり安定して距離が走れるようになりました。

 

もうすぐ、冬期講習ですね。

 

12月中のどこかでハードトレーニングを、ぜひ鳥予備で・・・。

 

私は、みなさんよりやや長く、312日が本番です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

くよくよするなよ

  • 2016.12.07 Wednesday
  • 21:42

 

少し前のことになるが、
ある生徒に「人生ってなんですか?」と質問された。

 

そのときは適当なことを言ってお茶を濁したが、
後で考えると、だんだん腹が立ってきた。

 

質問の仕方がよくない。
「いい人生を送るための方法は?」であれば答えようもあろうが、
「人生」とはなにか、である。
古今東西の哲学者たちにわからなかったことを、
私が知っているわけがない。
知っているとしたら、それはノーベル賞ものである。
(そういえば、ディランがノーベル文学賞を受賞しましたね。
  「風に吹かれて」はそんなに好きじゃなくて、
  「北国の少女」とか「彼女はよくないよ」なんかが好きなんだけど)


家に帰って「倫理」の教科書や用語集を開いてみた。
「倫理」というのはおもしろい科目で、
「恋愛」や「友情」の定義が、用語集に載っているのである。
(そんなものを定義されてたまるか、というロックなオレを胸に抱きつつ、
  でもその割には、案外楽しく毎週金曜日に授業をさせていただいている)

 

 

で、「人生」についてこんなのを見つけたんだけど、

どうでございましょ?

 

 

大切なのは、
「わたしは人生になにを期待できるか」ではなく、
「人生はわたしになにを期待しているか」と問うことだ。
                (ヴィクトール・フランクル)

 

ss

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ 鳥取予備校

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

最新の記事

                   

links

時計

リラックマのお部屋

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode